50代ではピーク時の半分にまで低下する

50代ではピーク時の半分にまで低下する

健康食品やサプリの広告でよく耳にする「プロテオグリカン」ですが、そもそもプロテオグリカンとはブドウ糖とアミノ酸が結合してできたアミノ糖という物質のひとつなんです。人間の体内で、関節をスムーズに動かすために必要な軟骨を構成している成分の原料なんです。軟骨は加齢とともにすり減り、その結果痛みや炎症を引き起こし変形性関節炎などの病気を誘発してしますが、それは体内で生成されるプロテオグリカンの量が少なくなるからだそうです。プロテオグリカン生成量は20歳頃までがピークとなっており、50代ではピーク時の半分にまで低下すると言われています。さらにプロテオグリカンはカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれており、食物には微量しか含まれていないため十分量を摂取することが難しいんです。そのため、サプリなどをうまく活用してプロテオグリカンを取り入れることが大切になってくるのです。痛みを感じ始めてからプロテオグリカンを補充しても症状改善には数ヵ月を擁してしまいます。自覚症状のないうちからサプリなどで補給することが重要なのです。